Roaster Co.Ltd. | 株式会社ロースター

Roaster Co.Ltd. | 株式会社ロースター

【Greater 日本橋】甘酒を飲みに甘酒横丁“とうふの双葉”へ

June 29, 2017

 

日本橋には下町情緒を感じることが出来る“甘酒横丁”があります。

甘酒横丁の由来は

江戸時代、横丁の入口に「尾張屋」という甘酒屋があり、

多くの人が甘酒を飲んで賑わっていたからだそうです。

その尾張屋は、今は無くなってしまいましたが、

現在でも「とうふの双葉」が尾張屋のかわりに甘酒を販売しており、

甘酒を片手に甘酒横丁を散策することが出来る、と聞いたので

さっそく行って来ました。

甘酒横丁HP:http://amazakeyokocho.jp

こちらの記事も参考にどうぞ:甘酒横丁 おすすめ名店4選


目次

とうふの双葉
   とうふの双葉とは
   甘酒を飲みに甘酒横丁へ
   日本でここにしか無い 甘酒ソフトクリーム
   気になる豆乳スイーツ
   双葉ならでは のお土産
   アクセス


とうふの双葉とは

 

とうふの双葉は、日本橋 甘酒横丁を入るとすぐに見えてくる

豆腐屋です。

明治40年から続く老舗で、素材・鮮度にこだわった

手作りの豆腐をいただくことができます。

お店の1階では豆腐や甘酒を購入することができ、

2階は豆腐料理の店で、双葉の豆腐を使った料理を楽しむことができます。


甘酒を飲みに甘酒横丁へ

今回もHP運営担当の堀江が行って来ました。

この甘酒横丁の のぼり と標識が見えるとすぐに双葉が見えてきます。

甘酒横丁を訪れたのは初めてでしたが、

駅からとても近いので

迷わず、すぐに着くことができました。

お店の外にはお土産用の甘酒がたくさん売られていました。

お米の種類で甘酒の色が変わるようです。

こんなに甘酒がカラフルになることにびっくりしました!

見ると実際に飲んで見たくなるもの。

ということで、甘酒を頼んで見ました。

お店の人がついでくれています。

米こうじ100%の甘酒。

双葉の甘酒は、甘ったるくなく、

お米本来の味なので、すっきりとした飲み口の甘酒です。

私は、甘酒を飲むのは初めてだったので、

おそるおそる飲んだのですが

飲んだ瞬間「おいしい!」と思わず言ってしまいました。

甘酒好きのカメラマン藤井もおいしいと大絶賛していました。

独特の匂いやクセはないので

甘酒が苦手な人でも飲みやすい甘酒だと思います。

一杯200円と、お値段もお手ごろなので

何杯も飲んでしまいそうです。

ノンアルコールの甘酒なので気軽に購入できます。


日本でここにしか無い 甘酒ソフトクリーム

 

そして、双葉の店員さん イチオシの 甘酒ソフトクリーム も買ってみました。

双葉の店員さん曰く、

甘酒ソフトクリームがあるのは、日本で双葉のみ。

ということは、おそらく、

地球上で、双葉でしか甘酒ソフトクリームを食べることはできません。

これはかなり期待が高まります。

バニラソフトクリームと変わらない見た目ですが

食べて見ると

思わず笑顔になってしまうおいしさです。

ソフトクリームは濃厚で

ほんのり甘酒の味がします。

これからの暑い季節に相性が良さそうなソフトクリームです。

お店の外には椅子が置いてあるので、

ゆっくり食べることができます。


気になる豆乳スイーツ

 

そして、まだまだ気になる商品がたくさん。

まずは、和スイーツ。

豆乳ドーナツ

3個入り300円
5個入り500円

で販売されています。

豆乳で作られたヘルシーなドーナツです。

歩きながらでも食べることが出来るドーナツは

甘酒横丁散策にもってこいのお菓子です。

そして、こちらは豆乳杏仁豆腐

1ヶ 380円です。

竹に入っていて、なんだか高級感があります。

豆乳で作られた杏仁豆腐。 サッパリとした味で大人気の商品だそうです。

どんな味がするのか、これも気になります。


双葉ならでは のお土産

 

そして、お土産に気になる商品もありました。

まずは、豆腐屋に来たからにはお豆腐を。

双葉のお豆腐は大豆からこだわっていて

大豆そのものの甘さを味わうことができます。

どんな味のお豆腐なのかとても気になります。

そして、人気商品のがんも

ちょうどタイミングが悪く、一番人気のある商品「ジャンボがんも」は見ることができなかったのですが、

素材の味を生かした がんもは 双葉の人気商品です。

最後に、個人的に気になった商品です。

お豆腐屋さんに納豆

少し意外な感じがしました。

でも、確かに豆腐は大豆からできていて、

納豆も大豆からできているので

当たり前なのかもしれません。

ほぼ毎朝納豆を食べている私は、

江戸っ子納豆はどんな味がするのか興味津々でした。


まとめ

とうふの双葉には

とてもおいしい甘酒と、魅力的なお豆腐の商品がたくさんありました。

甘酒とスイーツを片手に横丁を散策し

お土産にお豆腐を買ってみてはいかがでしょうか?

とうふの双葉 HP:http://www.tofunofutaba.com
豆腐料理・双葉 HP:http://www.tofunofutaba.com/futaba.html
電話:03-3666-1028
営業時間:月曜〜土曜 7:00〜19:00 日曜 10:00〜18:00
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-4-9


『Greater日本橋マガジン』
日本橋エリアのフリーマガジンが誕生しました。
テイクフリーなので、是非こちらも御覧ください。

Yayoi Horie

Yayoi Horie

SNSマーケティング&運用担当 at 株式会社ロースター
白米よりも卵が好き。
Yayoi Horie