Roaster Co.Ltd. | 株式会社ロースター

Roaster Co.Ltd. | 株式会社ロースター

【greater 日本橋】強運のパワースポット『小網神社』で茅の輪くぐりをしてみた

June 22, 2017

こんにちは。

HP運営管理の堀江です。

以前、「greater日本橋」という

ロースターが制作したフリーペーパーを読み

古き良き下町と、新しい文化が混在している

“日本橋”に興味を持ち始めました。

そこで、日本橋について検索してみると

「小網神社」、「パワースポット」、「強運」、「茅の輪くぐり」

と検索がヒット。

小網神社とは?? 茅の輪??とまず、読み方から分からなかったのですが

調べて見ると

どうやら、小網(こあみ)神社は強運のパワースポットで

茅(ち)の輪くぐりの行事を行なっているらしい。

さらに詳しく調べて見ると

◾茅の輪くぐり開催期間
6月20日〜6月30日

10日間しか開催していないのです。

これは行かなくては!!と思い

早速行ってきました。


目次

小網神社の歴史について
   小綱神社ってどんなところ?
   強運厄除けのパワースポット
   茅の輪くぐりって何?
小網神社に行ってみた
   厄払いの茅の輪くぐり
   福がやってくる福禄寿
   金運アップの銭洗い
   おみくじ
小網神社について
   住所


小網神社の歴史について

小網神社って、パワースポットで有名らしい。すごく強運になれる神社らしい。
ということは、なんとなく分かったのですが、詳しい事は謎につつまれたまま。なので、今回はしっかり、みなさんに「小網神社」についてわかりやすくお伝えしたいと思います。


小網神社ってどんなところ?

 

小綱神社は、文正元年(1466年)に悪疫から村人を守るため建てられた歴史のある神社です。中央区の文化財にも登録されています。

◾️穀物の神である「倉稲魂命(うがのみたまのかみ)」
◾️水の神の「市杵島比・海の神である「(いちきしまひめのかみ)」
◾️七福神のひとつである「福禄寿(ふくろくじゅ)」
が御祭神されています。

日本橋駅A2出口から徒歩5分ほどで交通アクセスも良く
新参者・劇場版麒麟の翼にも登場した、有名な神社です。


強運厄除けのパワースポット

「小網神社 日本橋」と検索をすると「パワースポット」とヒットします。
小網神社はパワースポットなのでしょうか。

第二次世界大戦の際、
小網神社のお守りをさずかった兵士全員無事に帰還したそうです。

さらに、昭和20年(1945年)の東京大空襲の際も
小網神社は奇跡的に被害を受けていません
このことから小網神社は「強運の厄除けの神社」と言われるようになりました。

かなり厄除けの効果が期待できそうです。


茅の輪くぐりとは

 

小網神社で行われている「茅の輪(ちのわ)くぐり」とは一体なんなのでしょうか。

茅の輪くぐりとは、

茅(ちがや)でつくられた輪をくぐり、
厄を祓う行事です。

茅とはイネ科の植物です。

大人でもくぐれる十分な大きさがあります。

茅の輪をくぐると
半年間の罪やけがれを祓えると言われています。
6月に行われるので「夏越しの祓い」とも言われています。

12月にも、一年の厄を祓う年越しの祓いがあるのですが
茅の輪くぐりは6月のみです。


小網神社に行ってみた

私も半年間の厄を祓いたい!と思い、実際に小網神社に行ってきました。


茅の輪くぐり

 

日本橋駅A2出口を出て、徒歩5分ほどで着きました。

「小網神社」です。

着いた瞬間、写真で見ていた「茅の輪」があり、気持ちが高ぶりました。

茅の輪は直径2メートル以上の大きさがあります。

とても迫力があります。

茅の輪についてと、参拝方法が書いてありました。

心身を清めるために茅の輪をくぐることは、備あと国風土記の武塔神の故事に基づくものである。又生き生きした茅の青草を用いることは、記紀、万葉にみえる「笹の葉」「かづら」「ゆづり葉」「くまがしの葉」等、清浄の用に供したのと同様である。
「水無月の夏越の祓いする人は 千年(ちとせ)の命のぶといふなり」
この歌を三度唱え乍ら、話をくぐりご参拝下さい。
帰りには、邪気を祓うといわれる輪の茅をぬきとり、門口にさしておいて下さい。

ということで、

一礼をし、

「水無月の夏越の祓いする人は 千年(ちとせ)の命のぶといふなり」

と三回唱えながら

くぐりました。

茅の輪をくぐるとなんだか清々しい気持ちになりました。

そして、この半年間の厄が払えるよう、しっかりと参拝もしました。

そして、帰りには輪の茅をぬき、門口にさします。

なんだか、この半年間の罪やけがれが祓えて
身体がすっきりした気分になりました。


福がやってくる七福神の福禄寿

 

そして、七福神の一つで
福徳・人徳・健康・長寿の神である
「福禄寿」の土偶も祀られていました。

撫でると福がやってくる、ということで、

しっかり撫でてきました。

これで、きっと私にも福がたくさん巡ってくるはずです。


金運アップの銭洗い

 

そして境内に「銭洗いの井」を発見しました。

「東京銭洗い弁天」
お金の清め方
一、 お手持ちの硬貨などを設置されているザルに入れ、井に浸してお清め下さい。
一、 清めた硬貨はお使いにならずに財布の中に納めておくと「種銭となって」新たなお金を呼び、財運向上のご利益があると云われています。

とのことです。

私もお財布にあった小銭を清めてみました。

「種銭になる」ということで

亀に見守られながら真剣に清めます。

清めた小銭はしっかりとお財布にしまいました。

きっと、これから種銭が新たなお金を呼んでくれるはずです。


本物のまゆでできた おみくじ

神社ではおみくじやお守りがありました。

そして、なんだかかわいらしい おみくじを発見。

このまゆ玉おみくじは

なんと、おみくじが、本物のまゆ玉の中に入っているのです!

まゆは一本の糸で紡がれており、「当神社の神様との御縁が一本の糸のように細く長く結ばれますように」との願いから参拝の方におわかちしております。
まゆは一本の糸で紡がれており、「当神社の神様との御縁が一本の糸のように細く長く結ばれますように」との願いから参拝の方におわかちしております。
参考URL:小網神社

結ばれているまゆ玉のおみくじもとてもかわいかったです。

金運のおみくじも発見しました。

小網神社のおみくじ、お守りは

さらに厄除けや運が入ってきそうですね。


まとめ

今まで訪れたことのなかった日本橋ですが、早速素敵な神社と出会えました。

茅の輪くぐりで厄を祓い
福禄寿で幸福を呼び
銭洗いで金運を高める

たくさんの運が呼び込めただけではなく、

なんだか晴れ晴れとした気分になりました。

訪れると自然と元気になれる神社なのかもしれません。

そして、紹介した茅の輪くぐりは2017年は6月20日〜6月30日までです。

あと一週間ほどなので、ぜひ訪れて見て下さい。

小網神社HP:http://www.koamijinja.or.jp/index.html
住所:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16−23

アクセス:
東京メトロ日比谷線 人形町駅 A2出口から徒歩5分
都営浅草線 人形町駅 A5出口から徒歩7分
東京メトロ 半蔵門線 水天宮前駅8番 出口から徒歩10分


『Greater日本橋マガジン』
日本橋エリアのフリーマガジンが誕生しました。
テイクフリーなので、是非こちらも御

Yayoi Horie

Yayoi Horie

SNSマーケティング&運用担当 at 株式会社ロースター
白米よりも卵が好き。
Yayoi Horie

About The Author

Yayoi Horie
白米よりも卵が好き。